みんなの“家族会議”

“家族会議”定期開催のススメ

  • 最近、夫婦の会話が業務連絡のみになっている
  • 子育てやしつけのことを相談したいが、なかなか時間がとれていない
  • 自分に余裕がなくて毎日がいっぱいいっぱい・・・

そんなパパママに、子育て学協会では“家族会議”の定期開催をオススメしています。
“家族会議”を定期開催するようになると・・・

  • 家族がお互いのことをより深く理解できるようになります
  • 家族がゴキゲンでいられる時間が増えてきます
  • 家族それぞれがお互いを尊重する気持ちが高まってきます

次の家族会議が待ち遠しいなーってなるかも。笑

“家族会議”といっても、難しく考える必要はありません。

まずはカレンダーを用意して、今月のお楽しみスケジュールを確認するところから。

  • 「みんなでトランプ」と、子ども本人が好きなゲームを家族みんなでやる日を決めて書く。
  • 「友人と食事」と、久しぶりのママひとりの外出の日を書き、
  • 「同級生とゴルフ」と、パパのお楽しみの日も書く。

家族それぞれが楽しみにしている予定をカレンダーに書くだけで、とっても楽しい時間になります。

まずは、ここまででも大丈夫。それぞれが大切にしたいお楽しみの時間を、お互いが理解し、尊重できるようになることが、家族の信頼感につながっていきます。

その次は、家族で大事にするルールを決めましょう。

家族みんなで今月大切にしたいことを話し合って決めます。家族が心地良くいられるためのルールです。

たとえば、

  • 朝起きたら「おはよう」と大きな声であいさつしよう

とか、

  • 玄関のくつをキレイにならべよう

とか。

「できた・できない」を〇✖つけることが目的ではありません。
家族がお互いに気持ちよく過ごすことができるよう、少しでも意識し実行できたら〇。
気持ちよく過ごすことが1日でも増えたらとても素晴らしいこと。
そのこと自体を喜ぶようになれたらいいですね。

次にオススメのメニューは、

お互いに「ありがとう」を言うことです。
この1か月の中で、うれしかったことを思い出し、気持ちを込めて「ありがとう」を言います。

どんな小さなことでもOKです。
どんな小さなことでも、お互いに「ありがとう」を言い合うと、とってもあったかい気持ちになります。

普段なかなか口に出して言えないことも、
このコーナーの力を借りれば伝えることもできますよ(^^)

あとは、家族で話したいことを、ご自由に。
子どもが字を書けるようになってきたら、書記を担当してもらってもいいですね。

仕事を任されて大ハリキリになることも。笑

最後に、次回の家族会議の日程を決めておきましょう。

月に1度。家族でゆっくり話をする時間を確保しておくことが、どれほど家族関係の質を高めることにつながるか。

みなさんもぜひ実感してみてください。そして、家族会議で使ったカレンダーを写真に撮って、ぜひ子育て学協会に送ってください。

子育て学協会では、みなさんの楽しい家族会議の様子をできるだけたくさんシェアして、「あー、うちもやってみようかな」と思ってくださる家族を増やしていきたいと考えています。

一つとして同じ家族はありません。

それぞれの家族が、それぞれの家族らしさを育んでいけますように。

みなさんからのご報告をお待ちしております!

みんなの家族会議事例

平塚家の場合
※パパ・ママ・長男5歳、次男1歳の4人家族
清水家の場合
※パパ・ママ・長男4歳、長女2歳の4人家族
加納家の場合
※パパ・ママ・長男0歳の3人家族

家族会議用カレンダーサンプル

2017年

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

【特別編】子育て学講座お申込み

  1. 子育て学講座①~⑥の詳細とお申込みは下記となります。 …
  2. 妊娠中のママとご家族、0歳児さんのパパママ向け「子育て学講座…
  3. 6回目「子育てのためのファミリービルディング」~家族を<創る…

CFC講座体験説明会・申込み

  1. 現在協会では、2017年5月開講のCFC(チャイルド・ファミ…
  2. 現在協会では、2017年5月開講のCFC(チャイルド・ファミ…

毎月を親子のペースで楽しむ教材

家族のコミュニケーションを促進