会長山本ごあいさつ

子育て学協会会長 山本直美より

yamamoto

子どもたちとの出会い

子どもたちとの出会いは、まだ私が幼稚園に通っていたころのこと。

近所の子どもたちが自分を待っていてくれることが嬉しくて、
毎日遊びに行ったことが始まりでした。

それから40年以上、子どもに関わり続けてきたことになります。

この経験に、「チャイルド・ファミリーコンサルタント」としての、
活動の源があるように思っております。

一つとして同じ家族はないこと、また、
親なりに必死になって子どもの成長を願っているのにもかかわらず、
結果的に子どものためになっていないという切なさ、
さらには、周囲の人的環境がどれほど大きな存在であるか、
そして、特別なことではなく、日常の中で起こる家族の在り方が、
子どもたちの人格形成に大きな影響を与えていく様子など・・・。

子どもたちを取り巻く環境は、大きな変化を遂げました。

人々の暮らしは明らかに豊かになり、
住環境、食生活などあらゆる面で向上しました。

一方、子どもが育つ環境を切り取ってみると、
安全上の問題から、
親がいつも見ていないと遊ぶことさえできなくなり、
少子化の問題から、
近所の子ども同士が集って遊びづらくなるなど、
必ずしも良い面ばかりとは言えない状況が生まれています。

幼児教育者として働き始めたころ、
「子どもの健全な成長」とは何なのか、
悩み、考えていた私に、恩師は一言、
「幼児教育の本当の意味が知りたいのであれば、とにかく続けなさい」と。

この言葉から、私の教育者としての道程は始まったのだと思います。

回り道をしながらも、ただ一心にこのテーマを追求して見えてきたことは、
人格形成の基盤はすべて幼児期にある、ということ。

つまり「アイデンティティ教育」だったのです。

「アイデンティティ教育」とは「自分らしさ」

私が幼い頃、日本は正に高度経済成長期であり、
国や政治、経済の示すアイデンティティを、
ひたすら追求すれば幸せになれると信じられてきました。

しかし、成熟した日本で生まれ育ち、
グローバル化した社会で生き抜くためには、
それぞれの価値観を持ちつつも、
他者への「多様性」を認め合える人材であることが、
必ず求められていくと考えます。

その中心となるのは、
アイデンティティに支えられた「自分らしさ」ではないでしょうか。

子どもはその成長過程において、
大人に依存しなければ生きていけない存在です。

親や周囲の大人がどのように見守っているか、
また、大人が自身のアイデンティティをどのように捉えているか、
オリジナリティのある人生を納得して歩んでいるか、
といった要素が子ども影響していきます。

大人のアイデンティティが、
子どもの「自分らしさ」獲得の重要な鍵となっているのです。

「発達予防学」に基づいた関わり方の科学が必要

では、「子どもの健全な成長」を実現するためには、
何が必要なのでしょうか?

私たちが到達したひとつの解は、子どもに関わる大人が
「発達予防学=健全な成長のための予防的観点を学ぶ」ことでした。

幼児期に見られる問題行動を、
周囲の大人が理解しておくことの必要性を感じています。

最後に

当協会では、長年に渡り携わってきた幼児教育プログラムを基盤に、
大人と子どもの関わり方を科学して参ります。

様々な機会を提供し、共に学び合うことで、
ひとりでも多くの子どもたちが「自分らしさ」を発見し、
健全に成長していく姿を見守り続けていきたいと思います。

ぜひ、私たちの活動に共感していただき、
大人も子どもも「自分らしく」成長していく社会を目指していけたら、
これほど幸せなことはありません。

会長 山本直美(やまもと なおみ)について

NPO法人子育て学協会 会長
株式会社アイ・エス・シー 代表
(Infinite Stage for Children)
チャイルド・ファミリーコンサルタント

日本女子大学大学院家政学研究科修士課程修了。
幼稚園教諭を経て、95年株式会社アイ・エス・シーを設立、
自らの教育理念実践の場として
保護者と子どものための教室『リトルパルズ』を開設。
以来、1歳から小学校低学年までの子どもたちを育て続けている。

04年、キッザニアの立ち上げに際し、安全管理・プログラムの監修・助言を行う。

08年、アイ・エス・シーで研究・実践してきた
理論・プログラムのさらなる普及のため、NPO法人子育て学協会を設立。

09年より、リクルート社事業所内保育園の運営を受託。
発達予防学による「幼児期からのアイデンティティ教育」の実践のため、
各地で子育て学関連の講演を継続しているほか、
保育者・親子向けに様々な講座・教室を実施し続けており、
企業の従業員子育て支援の一環で、
「ゆるママ講座」「できパパ講座」シリーズのプログラムも提供している。

  • 保護者と子どものための教室『リトルパルズ』
  • 独自教育プログラム『With Bookプログラム』
  • 子育ての専門家『CFC(チャイルド・ファミリー・コンサルタント)』の育成(NPO子育て学協会委託)
  • 株式会社リクルート社事業所内保育所『And‘s』の運営
  • 『WithBook保育園』 都内10園、名古屋5園の運営
  • 企業内研修、パパママ向け講座、キッザニアプログラム監修、育児関連書籍出版
  • 経済界・ゼクシィへコラム掲載、日経DUAL、徳島新聞など地方新聞、各種連載中。

子育て学講座イベント・申込み

  1. 子育て学講座 1回目「子どものらしさの育み方」 「こうしな…
  2. 妊娠中のママとご家族、0歳児さんのパパママ向け「子育て学講座…
  3. 子育て学講座 2回目 「子どものしつけと心の整え方」 「こ…

CFC講座体験説明会・申込み

  1. 現在協会では、2017年5月開講のCFC(チャイルド・ファミ…
  2. 現在協会では、2017年5月開講のCFC(チャイルド・ファミ…
  3. 現在協会では、2017年5月開講のCFC(チャイルド・ファミ…

毎月を親子のペースで楽しむ教材